2013/02/24 Sun  00:10
たしか10年以上昔

「死んでもお墓はいらないと思ってるんだよねぇ」

10年以上昔に、知り合った人にそんな話をした。
形のあるものだって、いつかは無くなってしまうものだし、永遠にこの世に残るものなんてない。
永遠に残すべきだと思うものは、自分個人にまつわる物質的なモノではなくて、もっと大きな意味を持つ、きっと無形のものだと思っていたから。

何十年後かに子孫が残っていたとして、盆と彼岸には手を合わせてくれたとしても、残りの360日くらいは頭の片隅にもおいてはもらえないわけでしょ(^_^;)
何百年と時を経て、たとえ『お墓』が残っていても、それは貝塚と変わらないでしょ(^_^;)

だったらなくてもよくない?(笑)



大切にしておきたいのは、数億分の一の確率の奇跡。

その奇跡が誕生してから消滅するまでの軌跡。

とか言っちゃって(笑)




長いようで実は短いのよ。
人の一生って、あっという間なのよ。

そんなことにようやく気がつく年齢になった時に、遅かったって思うようには生きたくないと思って。
そうして今まで歩いてきたような気がするんだよね。

あとどれくらい残ってるのかはわからないけど(^o^)



と、ずーーーーーーーーーーーっと思って暮らしてきたけど。


自分のためじゃなくて、残された人の心の整理に使えるんだったら「なくてもいいけどあっても構わないかなぁ」と、思うようになってきた今日この頃。
それってすでにわたしのモノではなくて、他の誰かのために存在するナニカになるわけで。
わたしがそれを否定すること自体に意味があるとも思えないわけで。
残したり残さなかったりするコトにこだわる必要もないのかなぁと、あっという間の人生の今の時点で思い至ったりする。


ということは、おそらく残るであろうと思われる人達と要・相談なのね(^_^;)

しゃーないね。
わたしの『しあわせ』は彼や彼女たちの幸せの上に成り立つものなのだから(笑)








スポンサーサイト

2013/02/22 Fri  00:44
幸せってなんなのか

幸せってなんなのか、わかんなくなってきたそうだ。

わたしが、じゃなくて、ひとの言葉だけど。

あ、いや、わたしは確固たる「幸せのなんたるか」を、誰にでもわかる言葉に代えて納得しうるように説明できるわけではないけど。
説明できたとしても、それが相手の求める答えでないだろうことは容易に想像できるんだけど。

そもそもわたしが思う「幸せ」が、すべての人の幸せと等しく同じであるわけがない。
わたしは「わたしの幸せ」を手に入れるために何をすればいいのか、という問題にさえ、揺るぎない自信を持って対処できているわけじゃない。
どれが正しい選択なのかは選んでみなきゃわからない。この道がどこに続いているのかは歩いて行かなきゃわからない。






わかんなくともしかたない。
先人・カントは言った。「数学は学べるが哲学は哲学することを学べるだけだ」と。・・・たぶん、そんなようなことを(^_^;)

「しあわせってなんなのか」なんて考えるのは、まさしくこれ哲学。
わかんなくなってきたのなら、それは「しあわせについて」「わかんなくなるくらい」一所懸命に思いを巡らせているというコトだと思う。
今がそういう時期なんだとしたら、それではダメ?


一度しかない人生だから好きに生きたい

っていう言葉の中に込められた「でも」とか「だけど」が、もしかして喉元に引っ掛かった骨?
洗っても落ちない、スニーカーの靴底に貼り付いたガム?

好きに生きることがしあわせな生き方なら、「でも」も「だって」もフトコロに抱えて生きたっていいとは思うけどね。
小骨を引っ掛けたままでもガムが貼り付いたスニーカーを履いてても、一番の命題が「好きに生きたい」だったら、法を犯すような悪事に走るんでなければ、生きてみたらいいんじゃないの?



でも、

だったら、



たぶんもっと、あなたは面の皮が厚くなった方がいいと思う。
なんなら10年くらい、行方不明になってみる?




・・・・・・・・・・。

ダメだ。心配だ(笑)



2013/02/17 Sun  00:02
めまい症だそうで

2月3日の節分に、恵方巻きをまるかぶりしなかったからではないと思うけど、思えばその日から耳鳴りが酷くなったんだった。
2010年の春に、タバコを止めて10日目に耳鳴りが始まって、そこからちょうど1ヶ月後に世界がでんぐりがえった。まるでウルトラQのオープニング画面みたいに(ふるっ)。

一向に良くならない耳鳴りは、6日の夜に激化して、自分の話し声が笛に変わった。ピーって(^_^;)
そして7日の夜にはお風呂やめとこうって状態の眩暈が起きて、後ろ向きに座った状態でお尻で階段を上り、お尻で廊下を進んで、ベッドによじ登って寝た。

朝、目が覚めた時にトイレに行けたことで油断した。

前の晩に不調だったわたしを気遣って、夫はすでに出勤してた。

そんな状態で、リビングのソファに腰掛けたまま、突っ伏して動けなくなった(@_@;)(@_@;)(@_@;)




「この状態で、ですかぁぁぁ~~~~~~~~」




耳鳴りからの眩暈は初めてじゃないし、一瞬にして動けなくなることも知ってるし、そういう時に備えてアヤシイ時にはケータイだけは肌身離さず持ってなきゃ、なーんて冗談めかして言ってたばっかりなのに




ケータイが

命綱のケータイが

1.5m離れたテーブルの上にあるってどういうこと!!!



どうもこうもなくて。
2階から降りてきて、ついうっかり置いちゃったわけで。
既にわたしはグルグル回る世界の住人で、こんなに近くにありながら異空間のケータイには手が届かず、でもありがたいことに声は出るってわけで。


2階で寝ていた息子に向かい力の限り(吐きそうになりながら)叫んで、なんとか手に入れた命綱でもう仕事場に到着していた夫を呼び戻すことに成功したというありさま・・・・。

2010年から数えて4回目の今回、これまでになく激しい回転数で(?)頭の向きを変えることも出来なくて、結局は救急車を要請して・・・運ばれたのが神経内科でかかりつけの総合病院。
点滴を打って、寝返りくらいは出来るようになったけど、それでもまだ前回のピーク並みの眩暈で、出来れば泊めてほしいと言ったら「その方がいいかもねぇ」とは救急担当の医師。

ただこの病院って、耳鼻科の常勤医がいないので、耳鼻科の入院患者は受入れ不可だとΣ( ̄▽ ̄;)
そんなこんなで手配してくれたのが、2010年の初めての発症時に検査してもらったことのある医療センターで、ちょっと一安心(^_^;)

だったんだけど。



「今日はもう、検査技師さんが帰っちゃったから、検査は週明けになりますね」
「はい」
「あ、月曜日もおやすみだから、火曜日だねー」


\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!きゃー!

そそそそそうですよね。今日は金曜日ですもんね。
あっちの病院で2本も点滴して、MRI撮って、たまたま診療日だった耳鼻科を受診して、こっちに辿り着いてもう日が暮れてますもんね。

「でもまあ、繰り返してもいるようだし、メニエールっぽいからメニエールに効くお薬飲んでもらって様子みてみましょうね」
「・・・・・・はい」
「効かなくても火曜日には検査が出来るから、そしたら別の対処法も考えるし」
「・・・・。(おいっ)」


そんなわけで、1週間入院生活を送って参りましたσ(・_・)
結局メニエールだという確定診断は出されず、お土産にいただいた(違)天下無敵のイソバイドを晩酌代わりにちびちび飲んで、1週間後に再受診です。
ドクターがおっしゃるには
「確定診断出しますか?出してもいいけど、別にメリットないよね」ってことで、
今回も、過去3回と同じように
「ま、メニエールだと思うけどねー」という『めまい症』

これって、つまり、いろんな思惑が絡んできたりするからなのかしら。
と、やらしいオトナは勘ぐってみたりする?(笑)



症状がめまいだっただけのコトはあって、絶対安静3日→出来るだけ安静4日の入院生活の結果、ちょっといい感じだった足がヘロヘロになってしまったので、帰宅後は、ねじり鉢巻きキュキュッと締め直して納豆ご飯の復活です!

がんばるぞー(^o^)/





2013/02/05 Tue  23:11
ええーーーーいっ

一昨日の夜から、耳が絶不調です(@_@;)

激しくアヤシイお天気のせいだとわかっていてもツラい。
そもそも原因がわかったからって症状が軽くなるわけでもなし、その原因を自分の努力で排除出来るわけでもなく。

アヤシイお天気にしても、天気が下り坂になる時にはいつも不調になるとは限らないし、何でもない時には「なんで?」ってくらい何でもないのに。
なのに、この不調って(ToT)

例えてみれば、頭の右側半分に除夜の鐘が鳴りっぱなしというか。
右耳だけにヘッドホンで古い冷蔵庫のモーター音聞かせてるっていうか。
右耳だけに聴こえる雨上がりに激しさを増した渓流っていうか。

それが、目が覚めてる間ずーーっと絶え間なくつきまとう状態は、不調というよりも不愉快極まりない(ーー;)

この除夜の鐘でモーター音な渓流は、わたしの体内を循環する血液の流れにのれないようで、不規則にさざ波を立ててくれるもんだから、全身にさざ波が影響してしまう(^_^;)



明日はまた雪の予報。
まぁね、いくら降ってもいいんだけどね。

ただ。

不協和音の耳鳴りっていうのは、正直言うと指先の硬直よりもモチベーションが下がるんです。
船酔いと似たような感じで食欲も落ちるから悲しくなるし(笑)

この天気の乱れがおさまるまで、寝て過ごすしかないのかなー。
というわけで、気分は「ええーーーーーーいっ!」



プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


2013年01月 ≪         HOME         ≫ 2013年03月