2013/06/22 Sat  23:38
阻む壁

市町村で実施してくれている『特定健康診査』がある。
年に一回の申し込みを受けて、希望者を対象に問診・身体計測・診察・血液検査・尿検査に加えて希望に応じては胃ガン・肺ガン・大腸ガン・子宮&乳房の婦人科検診まで、一部自己負担で行っている。

去年は2月に筋ジスの検査入院で、頭の先から足の先までくまなく調べていただいて、PETまで受けちゃったので市町村の検診はパス。

その前の年までは職場検診を受けて必要に応じてドッグも希望できたので、今回がほぼ初めての特定健康診査。

の、筈だった。

期日前に問診票は書いたし。
日曜日しか仕事が休みではない夫に、土曜日休みをとってもらうようにお願いしたし。
婦人科検診だけは指定の病院で受けることになってるので、前回の神経内科の受診日に子宮ガン検診は終わらせたし。

なのに。


あろうことか、お休みをとってもらった当日は雨。
検診会場は屋外(!)
待合室がわりのテントに並んだパイプ椅子には順番待ちの行列がおよそ100人くらい?

そして迂闊なことに・・・胸部レントゲンを撮るためには、昇らなきゃいけない検診車のステップ!

Σ( ̄□ ̄;)!!




職場健診は、何から何まで指定の病院で受けてたから・・・・・。
まさかこんなところに落とし穴があるとは思わないでいた(ーー;)

100人待ちの状態で、パイプ椅子は無理~~~~~。
検診車の前に並ぶ人の列に、二本杖ついて混ざるのも無理~~~~。
そのうえあのステップ、ムリムリ無理~~~~。


考えが甘かったよ、うん。職場健診って恵まれてるのね・・・・・。




でも、だったら。
少しは歩けるわたしでさえ抵抗を感じるこの検診だったら、より重度の障がいを持つ人ってどうしてるんだろう。



健康診査っていうのは、法律で定められた事業だよね?
それとは別に「病気です」「治療が必要です」「そのために検査します」っていうなら、医療費は通常の負担だよね?
でも、自分自身で「どこか悪いとこありますかねぇ?」って申し出た検査だと、これって保険適用外じゃなかったかしら。( ←間違ってたら誰か教えてくださいm(__)m )



と、思ったので市役所の該当部署に問い合わせてみた。
なにぶん障がい初心者なので、わからないことがたくさんある(笑)


「以上のような状態で、指定場所で健康診査を受けることが難しいんです。指定の病院があって利用できれば、ある程度待ち時間があっても大きな負担ではないですし、さまざまな検査についても、例えば車椅子に乗った状態でも移動が出来たりするんですが、そういう代替え措置ってありますか?」


「ないですね~」

簡単に言うね・・・(-。-) ボソッ

「障がいを持たれてる方々って、どうなさってるんでしょうか?」

「そうですねー。自己負担でもいいから病院で受ける、って方もいますしねー。」

それ、障がいの有無にかかわらずじゃないの?
自己負担でもいいから集団検診は選択しないって、つまりどういう意味だと思ってるの?なにかしらの不都合が受診者側以外にあるからとか思わないの?
集団検診出来ない身体の人は病院に行ってお金払えばいい、というのが市の方針なの?

「では無理を押してでも集団検診を受けるか、自己負担で病院に行くしかないんですね?」

「そうなりますねー。」



なんというか、ずいぶんと軽い返答じゃない?・・・(-。-) ボソッ
健康診査は健康な人間が受けるもんだとでも言いたいの?
それはあなたの個人的な見解ですか?それとも市の方針??


「あのー、わたしのような要望とか、不満とか、他の方から声が上がったことってないですか?」

「ないですね~」


ああ、さようでございますか・・・(-。-) ボソッ
「わかりました(^_^) では、ぜひ要望としてお伝えくださいね~」

・・・・内心では「タコっ!」(ーー;)



さて、これはどうしたものかな(^_^;)
今年の健康診査、期日は今日まででした。
病院での受診を可能にするには、契約している医師会との調整が必要なんだとか。
その話ぶりから聞き取れるのは「申し入れているが叶わない」のではなく、そこまでやってないんですけどねーのニュアンス。



では・・・・・


やってもらえる方向にお気持ちを向けてくださるように、なんとか動けばいいわけね(^o^)
『身体障害者』という自分の状況が、健康診査を受けられない壁であっていいはずがない。


・・・・・・・ですよね?






スポンサーサイト

2013/06/20 Thu  23:40
電磁波ってどうなのー

Wikiで調べてみたら頭が痛くなった(笑)

そもそも目に見えないもので(可視光線以外は)、頭で考えると『言葉』を多用しなきゃ説明できないわけで、わたしレベルの一般庶民が日常生活で慣れ親しんでる『言葉』とか『文字』とか『単位』とは世界が違うような気がするんだけど、電磁波そのものは日常生活の中に飛び交っているわけで。

こうしてパソコンに向かってるんだって
携帯片手に暇潰ししてるんだって
テレビ見てるんだってお湯沸かしてるんだって
現代社会の恩恵にあずかって生活しようと思ったら、電磁波とは無縁でいられない(ーー;)

家は生意気にもオール電化で『暮らしやすい』。
IHクッキングヒーターはワンタッチで簡単便利だし、火がないので夏の調理も暑くない。
ガステーブルとは違い汚れもひと拭きでOKだから、この身体には有難い。昔みたいに五徳をゴリゴリ磨くなんて出来る腕じゃないし(^_^;)

便利を買って暮らしが楽になったようで、だけど、ほんとはどうなんだろう?




人間の身体への影響についてはさまざま言われてはいるけれど、精密機器の動作を狂わせる力を持つ『目には見えない波の力』が、精密機器よりデリケートな人の身体に影響を及ぼさないとは思えない。

わたしなんかパソコンや携帯の誘惑に日々負け続けてしまう意志薄弱な人間だから、なるべく使用頻度を抑えようとは思っても、結局この有り様で・・・・・・・・・・・・。



電信柱もないような山の中で、沢の水を汲んで畑を耕して、川魚を獲って山菜とかキノコ採って、朝日とともに起床して日没とともに一日を終えるような暮らしがいいなぁ




とは、思うけど不自由過ぎるよね(-"-)

お皿洗うのにお湯沸かさなきゃいけなくて、竃にくべる薪を割るわけでしょ?
薪にするための木を伐り出してくるわけでしょ?

お皿一枚洗うことからすでに無理だぁぁぁ~~(笑)
車椅子が出来上がってきたとしても山道はどうなの~~~~。



というわけで、こんな摩訶不思議なアイテムを使ってます。


IMG_0326.jpg


その名をアーシスという、電磁波除去装置。

おそらく電磁波の仕業と思われるPC作業の肩こり首こりが軽減されたり、食欲不振感が起きなかったり。
これまた怪しさ全開の某アレルギークリニックの先生が開発されたもの。
個人的にはその先生の怪しさよりはアーシスの方が怪しさを感じません(^_^;)


アーシスの宣伝するつもりじゃないし仲卸もしてないけど、ただ、出来るだけ薬を使いたくないわたしが、原因不明(と言われる)肩こりから解放されるために、市販の湿布薬の代わりに用いている優れもののお知らせ。


目には見えない敵に対しては、一般常識では計れない手段で立ち向かう。これって案外当たりじゃないのかな(^o^)


だんだん危ない人だと思われそうだな・・・・・( ̄-  ̄ ) うーん








2013/06/17 Mon  23:46
日々の雑感

一日、ただ一日を漫然と過ごしてるわけではなくて、「今日やろうと思ってたコト」とか「昨日しようと思っててやり残してたコト」とか「一昨日からほったらかしにしちゃってたコト」を少しずつ片付けながら毎日を送っているのに。

毎日何かしら残り物があるのはなぜ?(笑)

最近ではすっかり自分のペースが掴めてきて、身体が自由に動いていた頃とは配分が違うことにも慣れて、頭の中で思い描く作業量と実作業量では相当な隔たりがあるコトも認識できてきて。

要するにやりたいコトが沢山ありすぎて、計画が盛りだくさんになってしまうのだ \(◎o◎)/

おかげで録り溜めた映画も「そのための時間」を作らないと溜まる一方で(ーー;)
レコーダーの録画可能時間が残りわずかになったところで慌てて何本かをまとめて鑑賞するありさま。


でも言っちゃえば、何か特別なコトをしたいわけじゃなくて、普通にお掃除とか普通にお洗濯とか、普通に窓枠と網戸を外してサッシのお掃除とか普通に季節の大物のお洗濯とか・・・・。

あー、昔はなんでもなく出来てたのになぁ・・・・・。

昔はなんでもなく出来ていたコトが、今は特別なコトになってるのが不思議。



『不思議』の意味を調べてみたら(goo辞書から)
1.普通では考えも想像もできないこと。説明のつかないこと。後略
2 仏語。人間の認識・理解を越えていること。人知の遠く及ばないこと。後略 


わたしが遺伝によって筋強直性ジストロフィーを発症したのは、説明がつくことのようでいて、実は身体の神秘なんじゃないかと(^o^)
そしたらね。
説明がつくようで、いわゆる一般常識では理解されることが難しいところに、解決の糸口がないとは言い切れないんじゃないかと(^o^)

自分が「これは無理」と思うことは、叶うかと言えばたぶん無理。
可能性は限りなくゼロに近い。
でも自分が「こうなる、こうする」と思うことが叶う可能性は、きっと飛躍的に高くなる。



わたしは世の中のすべての物事を知っているわけじゃない。
もちろんすでに解明されているのに知らないだけのこともたくさんあるだろうけれど。

解明されたすべての物事が未来永劫変わらないという保証はない。
もちろん期待通りの未来が必ず訪れると言い切れないけれど。



明日はどうなってるかな(^o^)
明日、窓枠と網戸を外してサッシのお掃除は・・・・とりあえずしないからいいけど(笑)
お天気は雨の予報だし、季節は梅雨だし(^_^;)

でもなんとなく、そのうちに
今「ちょっと」出来なくなっていることが、きっと出来るようになる気がしたりして(^o^)




さて、日々の雑感。
毎日、なにかしら更新しようと思ってネタを押さえておくんだけど・・・・。
なかなか思うように気分が乗らない時もあるもんです(^_^;)



ume.jpg

これは3年ぶりの梅酒になります。
味見の段階でなくなりませんように~。



2013/06/04 Tue  22:29
NTA治療してるんです

知名度は高くないかもしれないですね。
NTA治療ってこんな感じです。
http://www.aichidenshi.jp/seminar/seminar_nta.html

どうなの?と言われると、実に怪しげで、わたしは好きな部類で、効果を感じてます(笑)

行きつけの接骨院で、担当してくれているミホ先生が治療を施してくれてます。
今日で4回目?くらい??

文字通り『手当て』な治療です。
わたしが効果を感じているのが先生にも伝わっているようです。
このへんが、まさしくアヤシイ(笑)

治療してる途中で「うーん、いい感じになってきてる~」と思うと、
「なんか、いい状態になってますねぇ」と言われます。以心伝心。
というか、掌を通して伝わってるとしか言いようがない(^_^;)

自分が『筋強直性ジストロフィー』という病気であることを知る以前から、ストレス性の不調を緩和するために通ってきた接骨院。
今思えば、この病が発症することを見越してのご縁だったような気もします。

そもそも、病院が嫌いでアヤシイ世界は好きなわたし(笑)
怪しすぎるのは御免だけど、見えないものとか実証出来てないことは「見えないだけで解明できてない」だけだと思うので、ここに至るべきにして至ったNTA神経伝達治療といえましょうか(^o^)

信じる者は救われる、とか、イワシの頭も信心から、とか言われますけど、これって本当だと思います。
というか、自分としては真実だと断言したいんだけど、反論される方は真剣に反論されるだろうから、あくまでも個人的な感想として(笑)


信じる、というのは自分の中の『気』を膨らませるエネルギーになるもので、例えば神とか仏とか、健康食品とかサプリとか、ぶっちゃけ言っちゃえば『小麦粉』だって効くと思えば風邪が治るわけで。
何事においても疑心暗鬼でいるよりは「おかげさまで、ありがたい」と思ってる方が気持ちは上向きになるわけで。
気持ちは下を向いているよりも上を向いている方が前に向かう力が湧くわけで。
つまり見えない『気持ち』を持ち上げるものが見えない『エネルギー』であることは不思議でもなんでもないと思うわけです(^o^)

しかもNTAで治療した直後は、身体が正直に反応してくれるので実感が得られます。
普段は立ってても座っててもハリを感じて痛みがある太腿が、治療後は、たとえ数時間でも痛くなくなり、頚部の筋肉がおちたために折れている首筋が真っ直ぐに起きるという事実。
この事実が、この実感が、わたしの力になってくれているなら、これは信じなきゃ損でしょ~。

わたしは上手に説明出来ないので(わかりやすい文章表現は苦手なので)、興味を持たれた方は上記URL訪ねてみてください(^_^;)


どっちにしろ、治療法がないと言われる筋ジスだしね(^_^;)
自分がいいと思うことは試してみた方がいいと思うんです・・・・・って、大雑把過ぎるかなぁ(笑)



プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


2013年05月 ≪         HOME         ≫ 2013年07月