2013/07/29 Mon  22:54
33年目になったりする~

あろうことか20歳で結婚したりするので、この若さで(?)32回目の結婚記念日を迎えたりした。

32年前の7月25日は、それはそれはいいお天気に恵まれ、ピチピチ若い花嫁ときたら今より15kgくらい豊かにお肉がついていたので、全身汗ダラダラで。
通常よりも厚い化粧の下で「皮膚呼吸できん!」とか思いながら、当時はエアコンもなかったド田舎の式場でニコニコ笑顔を振りまいていたんだった(笑)


早いもので、あれから32年ですって(^o^)
思いもよらない「なんですって?!」な出来事の繰り返しで、人並みに波乱万丈な人生以上(だと思われる)年月を重ねてきた挙句に、なんとびっくり筋ジストロフィーまで発覚\(◎o◎)/!
いや、別に隠してきたわけではなくて、本人もびっくりなんだけど(^_^;)

ともあれ(^o^)

32年目の結婚記念日は家で乾杯するとして、家族フルメンバー揃うタイミングで外食しようかと予定していた本日、これまたうまいタイミングで娘とちびっこふたりが突然のお泊りで飛び込んできた。

クチバシが長いってこういうこと?(笑)
「結婚記念日なんだから、別にふたりで飲んで来たらいいのに~」と言ってた娘が飛び込み参戦(笑)
というわけで、予定外の「おめでとう!」4倍いただき乾杯いたしました♡


結婚記念日って、家族が始まった記念日です。
山あり谷あり渓谷あり、国破れて山河あり諸行無常の響きありな時を経ての32回目の一日。
そして、それをお祝いする四日後の今日。

3年前より経済状態は良くないというより悪いけど(^_^;)
温泉一泊行く余力すら振り絞らないと厳しいけど(^_^;)
と言うつもりでいないと、今後が心配な生活状況であることは確かなので、『今、許されるところのささやかな贅沢』を最大限に喜んでしまおうと思えるわたしは幸せだと思う(*^-^*)

思いがけない「おめでとう!」を頂いたお礼に、




明日と明後日は思いがけずに子守・・・・・・・・・・・・・・・。

( ̄-  ̄ ) うーん

たしかに、可愛いちびっこたちではあるけれども、だな。







スポンサーサイト

2013/07/12 Fri  00:10
稽古始まりました!

もう出来ないかと思ってました。

震災の前年秋、宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』をモチーフにした公演の時には、劇団主宰の足は相当ひどそうな状態だったし。
その公演にしたって、もう終わりにしようと覚悟を決めた『ファイナル公演』から三作目だったし←このへんがちょっと笑うトコロ。
半年後にはまさかの東日本大震災で、主宰の自宅兼名立たる老舗の店舗も工場も、わたしの家も大きな被害を被って、まさにお芝居の世界みたいな非日常の毎日が、突然日常になったりして。

だけど、念願かなってやっと。
主宰の足は手術が功を奏して、もう片足を引き摺ってるようにも見えないくらいまで回復したし、形だけのものかもしれないけど、わたしの場合家は住めるようになったし、主宰もお仕事以外の活動も始めてるし。



そんなこんなの2年と数ヶ月を越えて、今夜、新しい脚本の読みあわせでした(/_;)←うれし泣き




「やろうよぉ~~」と、攻めに攻め
「朗読劇でもいいよぉ~」と、粘りに粘り

主宰が準備してくれたのは、わたしの状況に合わせて、声だけの出演の役。








Σ( ̄□ ̄;)!!
Σ( ̄□ ̄;)!!Σ( ̄□ ̄;)!!
Σ( ̄□ ̄;)!!Σ( ̄□ ̄;)!!Σ( ̄□ ̄;)!!









お気持ちは

涙が出るほどありがたいんですがぁぁぁぁぁぁぁ






たとえ車椅子であっても・・・・・・・・・・
役者ですから(^_^;)・・舞台には出していただきたいんです。



と、ここでまた、出来る限りの艶っぽい声出してオネガイ♡

「一瞬でもいいから出たい~~~~~~」


・・・・・・ごめんなさい。
・・・・・・どんなに頑張っても艶っぽくならないです(~_~;) はい。
・・・・・・でも、恫喝したわけではないです。信じてください。


まぁ、そんなこんなのやり取りがありまして、『声だけ』プラス『台詞一個だけ』の二役いただきました♪
台詞一個だけの方は、車椅子で出ます。
早ければ今月末か、遅くとも来月にはマイ車椅子がやってくるので、お披露目兼ねて初舞台を踏ませてあげようと思います(るん♪)


今日は初めての本読みで、なんとなく雰囲気を掴んだのか掴めなかったのか(^_^;)

どっちにしても身体中の血行がしゅるしゅる心地よいです。
どこも不自由なく演技が出来ることが最大級の望みではありますが、まぁ出来なきゃ出来ないでも。
その時出来る限りの最大限のコトを楽しみたいなと思います。


潔いのが信条だけど、諦めるのとはワケが違う。
最善を尽くして闘うコトが、わたしには合っています(笑)

なんのこっちゃ(^o^)


2013/07/08 Mon  13:12
暑中お見舞い申し上ます

連日30度を超える猛暑が日本列島を苦しめていた6月下旬、ここ仙台(の東隣)は22~25度というありがたい気温で過ごさせていただいておりました。
このままずーっと7月8月、何食わぬ顔でやりすごして秋風吹く頃までいかないかなぁ~などと淡い期待を抱いていましたが・・・・・・・・・・・・・・。

遅ればせながら、昨日、夏きました(@_@;)

全国的に気温が高かったらしく、合計で900人に近い人数が熱中症で病院に運ばれたそうです。
これだけ暑くては具合が悪くなっても気がつかないかもしれないなぁ。
予防や対策として、早めの水分補給や塩分の摂取が効果的だと言われてます。
お仕事してたり学校へ行ってたり、なんだりかんだり『出来ない理由』はあるでしょうが、救急搬送されちゃったら最後、そんな理由が責任とってくれるわけじゃないんだから、つべこべ言わずに自分の身体は自分で守りましょう。

塩分摂るなら自然塩がおすすめです。
人工的につくられた塩は塩化ナトリウムという化合物なので、ミネラルなどの栄養分は期待できません。
天然の物質であるヒトの身体に摂りこんで違和感なく血となり肉となるのは、そもそもが自然界に存在するものであるべき、だと思うわけですd(゜-゜)

っていうか、味が違うでしょ(^o^)
旨い塩ほど旨いものないです。

水と塩があれば食料が尽きても数日は生きられる(何日かは忘れた 笑)という話だけど、天然塩のほうが、きっと生存確率は高いんじゃないかと、個人的には考えてます(^_^)v




今日はありがたいことにお昼ちょっと前から雨。
風が吹いていないので窓は開け放して、ひんやりした空気が心地よいです~~~。
ひさしがついていない窓は、風向きによって雨が吹き込んでしまうので、たとえ霧雨だったとしても風がある日は締め切るほかありません。
昔ながらの日本家屋っていうのは、この国の気候に適う造りだったのよねぇ。
ひさしが欲しい。縁側が欲しい。納屋が欲しい。土間が欲しい。
でも。
昔のままのスタイルだと今のわたしには暮らしにくいものなのよねぇ。


リズミカルなようでそうでもなくて、耳に優しい雨音を聞きながら
こんな思いに遊ぶ昼下がりです(笑)


これからの時期、もっと厳しい暑さに見舞われるかと思います。
みなさま、どうぞご自愛くださいね(^_^;)



あ、追伸。


お隣の仙台市では、障碍を持つ市民に向けた制度として、特定検診を指定病院で受けられるようになっているそうです。さすが政令指定都市。

わたしの住むこの自治体は、私が高校生の頃に、『福祉の街』という謳い文句を刻んだ柱を市役所の入り口に堂々建てていたもんだけど・・・もうやめちゃったのかな(-"-)

・・・・・・しつこい?(笑)




プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


2013年06月 ≪         HOME         ≫ 2013年08月