2013/08/28 Wed  15:09
8月の備忘録 (^o^)/

「ほら、あれあれ」
「そうそう、あれね、全然あれからアレしてないからぁ」
「そろそろアレしないと、いいかげんアレだよねぇ」

と、わかっていながら気がつけば、8月も最終週Σ( ̄▽ ̄;)
あんなこともこんなこともあったのに、ブログは手付かずでおりました。

毎日暑くてねー。気温が高いだけで、春夏秋冬の中では一番疲労感が高まる季節だしねー。PC使うと熱を発散するから室温上がるしねー。

とかね、なんだかんだと鼻かんだ程度の言い訳はできるんですが、
要するに、特に理由があるわけではなく放ったらかしにしてるうちに、
先週の一週間、またまたメニエール再来なさいまして、薬漬けでした(涙)

メニエール、わたしの症状について詳細を申し上げますと
耳鳴りは、通常から海鳴りのようなモーター音のような、ブーンという音がしてます。
危険なゾーンに入ると音量がアップし、耳に圧迫感が。
いよいよとなると、耳の中で小人さんが笛を吹き始めます。
耳の木陰でどんじゃらホイです。

究極は、聴こえてくる音がジャンルを問わずに管弦楽オーケストラになり、しかもド下手くそ。
それに加えて音の出ない口笛が(3~4歳児レベル?)ヒューヒュー鳴り、炊飯器や電磁調理器のスイッチは輪唱状態で・・・・・これ、すべて右耳だけ(^_^;)

ここまで来ると、いつ回転性の眩暈が起きても不思議ではないんだけど、
「自分で危ないなぁと思ったら、予防的に服用してくれていいですよ」
と、前回2月の救急搬送騒ぎの時に、退院時にいただいたお薬で様子を見てました。

それがねー、なかなか効かないの(~_~;)
より一層酷くはならないんだけど、良くもならない。
そのうち満月は近づくは、宮城県内でもトコロによりゲリラ豪雨だは、条件は悪くなる一方で、結局は吐き気で食欲がおちてしまったので、観念して近所の耳鼻咽喉科へ行ったわけです。

それが8月23日(金)の午後。
耳鳴りボリュームUPしたのは17日の夜。
自己判断で在庫の薬を飲み始めたのが19日の夜。

ざっと一週間、たかが一週間、されど侮れない一週間
・・・(-。-) ボソッ


結局は、「こんなになるまでなにやってんだよ」と馴染みの先生に言われながら吐き気止めと眩暈止めの点滴を二日間にわたってしてもらって、土曜日には医療センターへの紹介状書かれて、週開けて26日・月曜日に予約なしで仙台医療センターへと行って参りました・・・・・・・・・・・・・。

家から車で35分・・・・・・・・・・。
8時半に出発して9時過ぎに到着して、外来受付するだけで40分。
耳鼻科外来に行って・・・・・・・・・・・・・延々待つこと2時間近くたった頃に「耳のレントゲン撮ってきてくださいね~」と、院内を長旅に出て。

戻ったところで
「まだまだかかるから、先にお昼に行きませんか?
 このまま待ってても1時半すぎないと呼ばれないと思うのね~」と看護師さん。
で、お言葉に甘えて地下階の(レストランという名前の)食堂でラーメンすすって外来に戻ってから更に待つこと1時間半・・・・・。
結局、診察が終わったのは14時40分。
疲れた・・・・・・。病気になるには体力が必要です・・・・。

かかりつけの先生は、メニエールにしては聴力検査の結果が悪すぎるから、突発性難聴の可能性もあるから行って来いってことだったんだけど、やっぱりメニエールってことで決着です。

入院して検査した方がいいんじゃない?って言われたから(こっちの耳鼻科医に)でっかいカバンにお泊り準備万端で、オイルもアーシスも詰め込んで意気揚々と出かけたのに。
薬も今服用してるのを続けるってことで、新しく投薬されるわけでなし。待つだけ待って、3450円も支払って、放射線まで照射されて、得たものはナニ??(^_^;)

結果的には昨日の段階で、食欲も戻ってるし耳鳴りもやや沈静化だし、くるくるも止まったし。
めでたしめでたしなんですが、ひとつ大発見!!


メニエールの耳鳴り・眩暈症状を引き起こす原因のひとつが、内耳の水ぶくれ状態(内リンパ水腫)と言われてます。その溜まってしまった水を出すのに有効なのが、イソバイド(イソソルビド)という絶望的に不味い利尿剤なんだけど・・・・・。
これ、耳鳴りや眩暈がが酷い状態の時には感じないんだけど、症状が治まってくると信じられないくらい喉が渇くってことを発見しました\(◎o◎)/!

やっぱり、医者とハサミと薬は使いようだね、うん。
ちなみに、わたしの身体が「もう要らない」と言ってるので、↑この薬は今日から止めました(^_^)

そして「また勝手なコトして!(ーー;)」と、耳鼻科の先生に叱られるパターン(?)。



今日のタイトル・・・備忘録とか言いながら、メニエールに専念してしまった(笑)

夫のお誕生日もあったし、お墓参りもしてきたし、CATS仙台公演は前から七列目という素晴らしい場所で観てきたし、クラス会はあったし、向日葵が咲いたし、プルーンも色づき始めてきたのに(@_@;)

書き始めると止まらなくなるからなぁ・・・・・。
特に理由はないつもりだけど、疲れないようにってブレーキかけてるのかなぁ、自分で(^_^;)











スポンサーサイト

2013/08/13 Tue  00:07
危険なにおいがします

最近けっこう気になってるのが
「あれ」
「えーっと、ほら」
「あのー、なんだっけ、あれ」
「んと、なんてったけ、あー、ここまで出かかってるのに」
という、アレ。

実を言えばもともと、固有名詞を覚えるのは苦手です。
得意じゃないというレベルでは語れないほど苦手です。

母は無駄に記憶力がよろしい方で、周囲がびっくりするほど。
77才になった今でもその力は衰えを見せずに健在です。すごい。

覚えられないというのは認識していたんだけど、
最近は「忘れます」\(◎o◎)/!

昨日は「上戸彩」の「うえと」が出てきませんでした(~_~;)
三文字だというのはなんとなーく感じるんだけど、
「松浦は『あやや』だしな」とか、
「杉本は全然違うしな」とか、
あんまり思い出せなくてネットで検索してみるかと思うほど・・・・。
しなかったけど・・・・・・。

以前、お仕事していた時に『認知症』についてお勉強しました。
職場の中だけでは認知症サポーターという立場(?)でもって、
職場内での講師なんかもしてましたが。

今のこれって、けっこう危険なにおいがプンプンしてますね。


筋強直性ジストロフィーの合併症として、挙げられてはいるんだけど。
年齢的なものを考えると若年性って感じもしないでないけど。
情報を繋ぎとめておく力が弱くなってることは間違いないと思います。

わたしをリアルでご存じの方、びっくりさせてごめんなさいねー。
それでもまだ、深刻な状態ではないです(^_^;)
「うえと」が思い出せないことによる不具合は、今のところないです。
何のCMに出てるか、とか、どんな顔してるかまで忘れてるってわけじゃないし。


身近な高齢者が記憶力に長けているので、余計に不安感が増す?(笑)

この際だから、忘れちゃいけない事柄は母に覚えておいてもらうっていうのも一考かも。

それにしても「うえと」って覚えておいてねってわけには・・・いかないよね(^_^;)





プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


2013年07月 ≪         HOME         ≫ 2013年09月