2014/05/20 Tue  00:02
ふつふつと・・・

これは、娘が送ってくれた仙台青葉まつり・雀踊りのひとコマ

029.jpg

17日・土曜日に我が家から帰宅途中に寄って行ったので
行きたくて行けなかったわたしにおすそ分けをくれた。

「わーい♪嬉しいな」なんて言ったりして
なんとなーく納得したようにしてみせても
やっぱり行きたいもんは行きたかったらしく、

TVのニュースで青葉まつり関連が流れたりすると
つい目で追って我が身を恨めしく思っていたら




一日分の恨みつらみが

今朝

どかーーーーーーーーーーんと、アゴに出たΣ( ̄□ ̄;)!!

何年ぶり??? これっていわゆるメンチョウってやつだよね?

\(◎o◎)/!きゃーーーーーーーっ!!しかも10円玉大ときた!!

え?画像?バカ言ってんじゃない!(ーー;)

ううううう・・・・ アゴ痛い。腫れてるし。熱持ってるし。
しかも自分に対してウダウダしてたという自給自足の結末みたいなもんだし。

泣くに泣けない・・・・・。 でも泣きたい(+_+)

こういう日に限って、2ヶ月に1回の神経内科受診日だったりして
まさかスッピンってわけにもいかないし。いや、いかないってことはないけど嫌だし。アゴだけノーメイクってわけに・・・・こそいかないしっ!赤いしっ!(/_;)

で、結局お化粧して出掛けたんだけど、帰ってから気がついた。
「マスクして行けば良かった!」Σ( ̄▽ ̄;)


で、冷静になってから思うにですね。
気持ちの中にウダウダを抱えてると、身体は素直に反応しちゃうんです。ふつふつしてたらドカンと出ます。

ちなみに
言うべきことを言わずにお腹にためると便秘をするし、
誰かを見下すとお腹が下ります。けっこうな確率で。

なので、気持ちはできるだけほっこりと、お天道様に向かってあったかくしときましょう。あ、これは今日の自分に対する戒めの言葉だな(^_^;)

アゴはまだじんじんと痛むけど、オトギリ草で手当てをしたので大丈夫(たぶん)(^o^)2~3日はわたしに尊い教えを説かれるでしょうが、そのうち綺麗に消えると思います~。

やっぱり人間、マイナス思考になるとダメだってコトよね(笑)

でも、娘とちびっ子たちには「楽しめてよかったね」って心から思ったんだよ・・・(-。-) ボソッ




スポンサーサイト

2014/05/16 Fri  17:26
これも何かの試練かもしれん

ジョークはさておき。

1人で過ごすコトは苦にならないし
TVもラジオもBGMもなしで寂しくないし
黙々と時間が過ぎるまま何かに没頭するのは嫌いじゃない。

でも。
お祭りの喧騒に心弾んだり
賑やかな御囃子に身体がリズムを刻んだり
行き交う見知らぬ人たちの中にいて、その時空間に溶け込む心地よさは、もっと嫌いじゃない。

筋肉の衰えをあきらかに自覚し始めた頃、杖をついて歩けば、休憩しながらだったら楽しめていたそんな世界が遠くになり始めたのは、一昨年の冬頃だったかな。


去年の春に車椅子の助成を申請して、夏の終わり近くに出来上がってきて。でも、身体の状態は、特に耳の状態がずっと不安定なままの毎日を送っていて、思うまま外出が出来るわけじゃなく、気がついたらもう春だって。いや、初夏かな?(^_^;)

電車にも2年くらい乗ってないかなぁ。
地下鉄にはそれ以上乗ってないかなぁ。

( ̄-  ̄ ) うーん ・・・・そうだよ!
季節もいいし、気温も上がったし、このまままた寒くなると出掛けるのも大変になるし、今月の17・18日は『仙台青葉まつり』だし、6月はじめには『とっておきの音楽祭』もあるし、秋になれば『みちのくYOSAKOI』だし、その前には『定禅寺通りジャズフェスティバル』だし!!出掛けられるようにしとかなきゃ!!ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ♪


そんなウキウキ気分に後押しされて、車椅子ユーザーさん達のお出掛け記事をあちらこちらで拝見して情報を集めて、手始めに最寄りの駅まで行って、駅員さんにあれこれお話聞いて、心積もりもしっかりと、ついでにネタでも拾いながらこの経験からも情報発信できればいいなぁなんて考えて・・・・・・。

5月3日土曜日のお昼ちょっと前くらいに、夫に付き合ってもらっていざ!お出掛けしました(^O^)/おー!

で、せっかくなので画像をどうぞ♪
012.jpg

最寄りの駅に止まっていた電車。マンガッタンライナーと言います。乗車したのはこれじゃなくて普通の電車~。 駅舎は昨年の秋に大規模な改装を終えて、車椅子ユーザーには大変利便性の良い造りになりました♡なんていっても旧駅舎のトイレは車椅子で入れませんから。思えば・・・・使った記憶すらないけど、もしかしたら和式だったのかしら。不明(^_^;)それがすっかり綺麗になって、目の不自由な方にもわかるように音声案内が常時流れてる状態\(◎o◎)/!

まるで冒険気分の『お出掛けの入り口』は、こうして難なくクリアして、イケメン駅員さんに乗車口までご案内いただいて、ホームから車両へとスロープ状にスチール板を渡していただいて乗車。あらかじめ告げておいた降車駅では、そちらの駅員さんが同じようにお出迎えしてくれます。

まるでVIP待遇だな(笑)
こんなに楽しいならもっと早く電車デビューするんだったな(^o^)
なんて、お気楽に在来線20分ちょいで地下鉄の乗り継ぎ駅となる終点に到着。ここでは可愛い女性駅員さんがサポートしてくれました。

エレベーターはないので、必要な時にだけ出動する車いす用のリフト。


操作用の機械を持った駅員さんがリフトと並んで階段を下り、周囲の状況を確認しながら階下まで運んでくれます。見た感じよりも安定してて怖くない(^o^) ちっとも揺れないし。

下りた先はすぐ地下鉄の改札口なので、ここではJRの駅員さんのサポート対象外。自分で改札口の脇の窓口に行ってお伺いを立てます。
「勾当台公園まで行きたいんですけど~」

JR在来線は、降車駅への連絡やら乗車のための準備やらで、乗りたい時刻の20分くらい前までに来てもらえれば~って話だったんだけど、地下鉄は切符を買って改札抜けたら次に来たヤツに速攻乗せます!!って感じで、それでなくとも本数多いのに、ちょっと煽られた感アリでドキドキ。。。。。
こっちは別に急ぐわけじゃないのよって言っても、駅員さんは仕事の合間を縫っての対応をしてくれるわけだ。そう考えると煽られてるなーと思ってもテキパキ応えなきゃって思ってしまうのは、わたしの人の好さかしら(笑)

結果、先頭車両のもっと手前から、車椅子の為のスペースがある3両目まで、人並みをかき分けながら手招きする駅員さんを追いかけ、ギリギリセーフで乗り込んで肩で息をして落ち着く間もなく3駅目。

( ̄-  ̄ ) うーん

祝日だしなぁ。
混雑はしかたないし、お祭り目当てだったら本番だってもっと混雑してるしなぁ。
車椅子積んで車で連れて来てもらっても、駐車場を探すのだって大変だし、そもそも自由度が少ないし( ←こら )

なんてことを考えながら、とりあえず来ることは来た。よくやった、自分。


と、テンション高いそのままに、仙台駅まで繁華街ぬけてウインドウショッピングしながら車椅子で戻って、途中でお昼でも食べて電車で帰ろうか♡ なーんて考えて、三越に入って間もなく・・・・・・・・・・・

ぐるぐる眩暈に襲われて救急搬送されました・・・(ToT)

楽しすぎてストレスかかったかなぁ・・・(-。-) ボソッ

目を開けてれば世界が回ってるし、吐き気がハンパないのに食べてないから胃液しか出ないし、冷や汗出るしお腹下りそうだし、壊れた空調みたいな音が頭の中で反響してるし、久々来たデカイヤツ・・・・・。

夫は自力で車椅子を押して駅まで連れてって帰ることも考えつつも、わたしの様子を見て諦め(+_+)、警備員さんにお願いして救急車を手配。そのまま搬送された病院で、わたしは敢え無くお泊り決定となり、4連休の初日に連休が終わるという悲しい結末を迎えました(/_;)

行きはよいよい帰りは・・・・・帰れない(^_^;)
こんなことってあるのね~。

遊びに行きたい一心で、練習をしただけじゃないの・・・(-。-) ボソッ
連休をつぶしたのはさほどの痛手じゃないにしても( 毎日が連休だしね )、休日加算のついた入院費・・・・あれがあったら2泊3日で温泉行けるっつうの・・・(-。-) ボソッ



と、そんなこんなであれから2週間。
明日・明後日の2日間、仙台では恒例の青葉まつりが開催されます。
明日の宵まつりも、明後日の山鉾巡行も、お楽しみは盛り沢山。あぁ・・・・お囃子が聞こえる(/_;)

仙台青葉まつり ←ここをクリックしてね (^O^)/

わたしはせめて中継で楽しもう・・・・・・・。

GW以降、初めての耳鼻科外来が今日。
入院先の医師からのお手紙を読んだ耳鼻科の主治医、それに加えてコトのいきさつをわたしに聞いて、涙を浮かべて一言、「大変だったねぇ」と大笑いして下さいました。
「頑張ったのにねぇ」と、また笑い「笑ってごめんねー」と更に笑い、なんだかわたしも救われました(笑)

笑うきゃないのよねぇ(^_^;)
「こんな思いはもうたくさんなので、この次は一気に頑張らないで、隣の駅から徐々に馴らしてみようかと思います」
って言ったらまたもや笑われた(= ̄∇ ̄=) ニヤ


誰かわたしに危険を察知する機能付の制御装置くれませんか?(^o^)






2014/05/01 Thu  23:55
悲しい時は悲しいでいいんだ

仕事を辞めてから会わなかったほんの2年ちょいの間に
彼女は乳ガンを患って、誰にも知らせずにひとりで逝ってしまった。

「そこ」に暮らしていると思ってたのに。
可愛い孫ちゃんたちの子守りをしてると思ってたのに。
得意な料理で腕を振るって、家族を喜ばせてると思ってたのに。

確信を抱くとか抱かないとか、そんなことすら考えもしなかった。
ただ、当たり前に「そこ」に「いる」はずだと思ってた。
会わないでいるだけで。

3月の最後の朝に静かに息を引き取ったと、
10日以上たって知らされた。





突然の訃報で心の中のつっかい棒がずれた。
中心から外れたまんま戻らなくなった。



驚いた。わたし、こんなに、彼女が好きだったんだね。


「えぇ~っ?」って、顔をしかめて聞き返した後で
「しょうがないなぁ、やったげるよ」って
引き受けてくれたいろんな分担とか。
 
ぶっきらぼうに感じるしぐさや些細な言葉で誤解されたりとか。
それを彼女に伝えるわたしの立場を慮ってくれちゃったりとか。

みんなの休憩時間にって、自分の休憩時間を使って果物むいてくれてたりとか。お菓子を焼いてくれたりとか、季節の炊き込みご飯を持って来てくれたりとか。

もうヤダ、もうやめる、他の人にやらせてよ、えぇ~っ(ーー;)

そう言いながら、でも、けっこう楽しんで、いろいろ工夫を凝らしてくれてたよね。



震災の後、避難所で寝起きしながら職場に通ったわたしに
ボトルジャーに入れたコーヒーを何度も届けてくれたよね。
まだ、市内全域で断水だったのに。
重たい思いをして給水所から運んできた大事な水で。

寝てるわたしを起こさないようにって、枕元に置いてってくれたよね。

亡くなったって聞いてから、彼女を思うたびに、
何もないのにコーヒーの香りがする。
わたしが彼女を思う時には、彼女もわたしを思ってくれてるみたいに。



思い出して涙が出て、言葉にしてまた泣いて、

どうしてこんなに悲しいんだろうって、不思議な気持ちで2週間以上過ぎて、それでも静かに浮き上がってこれたから、まだ悲しいけどきっと大丈夫。

繰り返し思い出してしんみりしたりホッとしたりしながら、心の中での彼女の居場所が、たぶん、だんだん落ち着いてくる。

なんにもなかったみたいに日常に戻ろうかと思ったけど、この悲しさを忘れたくない気がしたから、書きとめておくことにするね。



今年の桜、彼女は見ることができなかったのに
わたしは、いつもの年より多く、あちこちで桜を楽しんでごめんね。

いつかそっちで会ったら、今年の桜の話をするよ。楽しみにしててね。
もしかして、片目をつぶって言う?

「アタシが内緒にしといたおかげで、綺麗な桜が見られたでしょ?」って。

 ふふん(*^_^*) ・・・お見通しだよーだ。





プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


2014年04月 ≪         HOME         ≫ 2014年06月