2017/06/03 Sat  13:45
HAL〜まとめ〜

6月3日(土) 本日退院して帰ります(^-^)/


29日にHALラスト歩行訓練を終えて

30日・31日とリハビリ後の評価をして

「さて、帰るか」と思ったら主治医がつかまらず

夫に連絡したら土曜日が良いと言われ(つД`)ノ

しかも仕事終えてから夕方行くと_| ̄|○


さいざんすか。

ええ分かりました。

ってなわけで、病室で荷物まとめて帰る準備して

お迎え来るまでHALとの思い出に浸るなうデス♡



結論から言うと、やっただけの成果あり。

ただ、求めるところがどこなのかによって

人によっては「スゴイ!」か「イマイチ…」かは

もちろん別れるだろうけど。


歩行訓練する前後の違いは確かに有ります。


歩行スピードは上がる。

姿勢が良くなって安定感が増す。

摺り足じゃなくなった( ←これ、個人的に嬉しい )

片手に杖、片手に手摺で階段10段昇り降り出来た。

平坦なフロアで150mノンストップで歩けた。


でも、筋力測定結果は変化なし。

つまりわたしの場合は筋力がついた訳じゃなく、

HALで歩行訓練したおかげで

歩行の学習をして、脳がそれを記憶し、

歩行に使う筋肉に正しい指令を出せるようになった


と言うコトになると( ̄∇ ̄)

ちなみに上記の「違い」は、あくまで個人の感想で

すべての人に当てはまるものではありません。

たぶん(・Д・)ノ



で、この後、半年後に再評価を受けて、

機能が維持できているか、或いは低下してきたか

その結果を見て今後のリハビリにどう反映させるか

そんな流れになる予定だそうです。




これが、保険適用のリハビリとして認められて

でも、全国的にはまだまだまだまだ少なくて。


機会があればこのリハビリを受けたいと思う人は

きっと何万人もいるだろうに。



難病で下肢に障害を持つ人じゃなくても

例えば高齢になって足腰が弱くなってきて、

でも村は過疎化の一途を辿り後継者不足で、

農作業が大変になってるじいちゃんばあちゃんの

足腰を支える希望の光になるとしたら

HALは日本の農業をも支える力になれるのよね。


なーんて妄想しながら



早く迎えに来てくれないかなぁーと

首をながくして待つわたしでした(о´∀`о)





スポンサーサイト

プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


2017年05月 ≪         HOME         ≫ 2017年07月