FC2ブログ

--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/22 Sat  23:38
阻む壁

市町村で実施してくれている『特定健康診査』がある。
年に一回の申し込みを受けて、希望者を対象に問診・身体計測・診察・血液検査・尿検査に加えて希望に応じては胃ガン・肺ガン・大腸ガン・子宮&乳房の婦人科検診まで、一部自己負担で行っている。

去年は2月に筋ジスの検査入院で、頭の先から足の先までくまなく調べていただいて、PETまで受けちゃったので市町村の検診はパス。

その前の年までは職場検診を受けて必要に応じてドッグも希望できたので、今回がほぼ初めての特定健康診査。

の、筈だった。

期日前に問診票は書いたし。
日曜日しか仕事が休みではない夫に、土曜日休みをとってもらうようにお願いしたし。
婦人科検診だけは指定の病院で受けることになってるので、前回の神経内科の受診日に子宮ガン検診は終わらせたし。

なのに。


あろうことか、お休みをとってもらった当日は雨。
検診会場は屋外(!)
待合室がわりのテントに並んだパイプ椅子には順番待ちの行列がおよそ100人くらい?

そして迂闊なことに・・・胸部レントゲンを撮るためには、昇らなきゃいけない検診車のステップ!

Σ( ̄□ ̄;)!!




職場健診は、何から何まで指定の病院で受けてたから・・・・・。
まさかこんなところに落とし穴があるとは思わないでいた(ーー;)

100人待ちの状態で、パイプ椅子は無理~~~~~。
検診車の前に並ぶ人の列に、二本杖ついて混ざるのも無理~~~~。
そのうえあのステップ、ムリムリ無理~~~~。


考えが甘かったよ、うん。職場健診って恵まれてるのね・・・・・。




でも、だったら。
少しは歩けるわたしでさえ抵抗を感じるこの検診だったら、より重度の障がいを持つ人ってどうしてるんだろう。



健康診査っていうのは、法律で定められた事業だよね?
それとは別に「病気です」「治療が必要です」「そのために検査します」っていうなら、医療費は通常の負担だよね?
でも、自分自身で「どこか悪いとこありますかねぇ?」って申し出た検査だと、これって保険適用外じゃなかったかしら。( ←間違ってたら誰か教えてくださいm(__)m )



と、思ったので市役所の該当部署に問い合わせてみた。
なにぶん障がい初心者なので、わからないことがたくさんある(笑)


「以上のような状態で、指定場所で健康診査を受けることが難しいんです。指定の病院があって利用できれば、ある程度待ち時間があっても大きな負担ではないですし、さまざまな検査についても、例えば車椅子に乗った状態でも移動が出来たりするんですが、そういう代替え措置ってありますか?」


「ないですね~」

簡単に言うね・・・(-。-) ボソッ

「障がいを持たれてる方々って、どうなさってるんでしょうか?」

「そうですねー。自己負担でもいいから病院で受ける、って方もいますしねー。」

それ、障がいの有無にかかわらずじゃないの?
自己負担でもいいから集団検診は選択しないって、つまりどういう意味だと思ってるの?なにかしらの不都合が受診者側以外にあるからとか思わないの?
集団検診出来ない身体の人は病院に行ってお金払えばいい、というのが市の方針なの?

「では無理を押してでも集団検診を受けるか、自己負担で病院に行くしかないんですね?」

「そうなりますねー。」



なんというか、ずいぶんと軽い返答じゃない?・・・(-。-) ボソッ
健康診査は健康な人間が受けるもんだとでも言いたいの?
それはあなたの個人的な見解ですか?それとも市の方針??


「あのー、わたしのような要望とか、不満とか、他の方から声が上がったことってないですか?」

「ないですね~」


ああ、さようでございますか・・・(-。-) ボソッ
「わかりました(^_^) では、ぜひ要望としてお伝えくださいね~」

・・・・内心では「タコっ!」(ーー;)



さて、これはどうしたものかな(^_^;)
今年の健康診査、期日は今日まででした。
病院での受診を可能にするには、契約している医師会との調整が必要なんだとか。
その話ぶりから聞き取れるのは「申し入れているが叶わない」のではなく、そこまでやってないんですけどねーのニュアンス。



では・・・・・


やってもらえる方向にお気持ちを向けてくださるように、なんとか動けばいいわけね(^o^)
『身体障害者』という自分の状況が、健康診査を受けられない壁であっていいはずがない。


・・・・・・・ですよね?






スポンサーサイト
Comment

☆ 

花梨さん
ほんとにその通りです。
いろんな状況の方々がいる事を想定して、平等に行うべき事です。
それと、考えない気付かない関わらない大人が増えてる気がします。
そんな対応は仕事とは言えないですよね。
何とも思わないのは人でなないです。

☆ 

ただ今、特定検診の真っ最中です。私はパートでその健診のスタッフしています。私が健診に行っている市町村は公民館と検診車を使用して毎日移動して実施してます。実際に働いているのは民間で請け負っている健診機関なんですよね。そうなると必然的に効率が要求され、100名受診なんてことになってしまいます。もっと余裕をもって様々な要望にこたえられるようになるにはどうなったら良いのかと、考えさせられました。
前線で働いている者もギリギリを要求されています、いった誰が得をしているのか・・・

☆ >まさきさん

うーん。事情はわからなくはないんですよ。
特に公務に携わる人は、気付いたり考えたり深く関わったりすると民間以上に苦しくなる場合がありますから。
気が付いても言えないことの良し悪しをどうこう言うつもりはないんです。

ただ、わたしはこう思うから、自分の良心に従ってヨシと思うことであれば、その方向に動こうと考えるだけ(^o^)

枷がないって、ほんとにいいです(笑)

☆ >雪ん子さん

お疲れさまです(^o^)/

現場で働いている人は大変だろうなぁと思いますよ。
そもそも効率化を図ることと、ゆとりを持って人に対峙することは相容れない部分があると思います。
それでも機械的に処理するわけにもいかない(そういう仕事をしたくない)ジレンマって、気がついた人ほど苦しいものだと思います。

ただ、行政には一歩踏み込んで欲しいなと思うんです。
出来ないのか、しないのか、したくないのか。
どうしたって無理なのかどうか。

そこまで突き詰めてくれたら、もっとみんなが暮らしやすくなる気がするのは、わたしだけでしょうか?(^_^;)

☆ 

そうですよね、せめて行政は効率以外のことも考えて欲しいですよね。私が働いているところは、民間検診機関なのでただ与えられた仕事をもくもくとこなすだけとなってしまってます。でもせめて個人的な心情だけでも基本に立ち戻りたいです。

☆ >雪ん子さん

うんうん、頑張って笑顔でお仕事してください(*^_^*)
忙しく立ち働くと、必死の形相になっちゃったりしますが(わたしは)
相手のある仕事だったらなおさら笑顔が大事ですよね!

☆ 

お久しぶりです。
今年は「3」であまりレスできそうにないのでごめんなさい。

これはたぶん第一の原因は最先端のところにいる職員の器量でしょうね。
花梨ちゃんも覚えがあると思います。
慣例で処理することに何の疑問も感じない人と、その場その場で考えようとする人と。
職場には常に両者がいて、不思議なくらいその差は出世に影響しません。

第二の原因は職場です。
たとえ職員にその気遣いがあってもそれを許さない上司。
よくドラマで見ます。
……だけでなく、私もよくここで屈します。

第三の原因は、組織のおおもとです。
表向きここであることはまずありません。
なぜなら、圧力をかけて「第二の原因」レベルにしちゃうからです。


さて。
そのような分析を行ってもなお割り切れない感情は残ります。
「わからない」んですよ。
手足の自由をなくした人でも、視力を失った人の喪失感は理解できないように
何も失ったことのないものには、何かを失った人の不自由さはわからない。

そこだと思います。
「力になりたい」という人は確かにいて
「力を貸してほしい」と思う人も確かにいて
問題はその間を周旋する人の存在だけというならば
なぜその人があなたではいけないのか。
(「あなた」は不特定多数の人を対象にしています)

私には今はある義務があります。あと10年。
その後はどういう形で日本に力を諫言していくかまだ考えていませんが、
そこをあと10年かけて考えていきたいと思います。

☆ >音さん

ひさびさのコメント、ありがとう(^o^)
いつものことながら音さんのコメントにすっきり気分が落ち着く思いです。
言葉とか、思いとか、たぶんきちんと整理できないまま書き連ねてしまう混沌とした部分があるのね、わたし。
それが音さんの言葉を借りて「そうそう、そういうコトなのよ!」って感じる国語的表現になるわけです。
毎度、出来のよくない生徒で申し訳ない(笑)

「割り切れない感情」は、たぶんどこまで小数点以下を求めても割り切れないのかなと思います。
誰かの「わからない」を責めることもできないと思うし、したくもないとも思います。
ただ、「だからしょうがない」と割り切ってしまう前に、「想像力」で埋めることは出来ないのかなと。
それは自分についても言えることです。
ただ、結局は「想像して」求める答えでしかないから、当たり外れはあるんだろうけど(^_^;)

それでも誰かに寄り添いたいと願うところから発した思いなら、そこから生まれるものがあると思うのね。

( ̄-  ̄ ) うーん
やっぱり曖昧模糊とした話になってしまうー。

どうか言葉とか文字としてとらえずに、思いとして受け取ってください(笑)
「ま、こんなところだろうな」くらいで、きっと当たってると思うから。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

minako

Author:minako
:*:・゜★゜’・:*:.。☆.:*:・’

宮城県沿岸部の震災被災地で、元気に慎ましく暮らしている筋強直性ジストロフィーのメニエール持ち。
最近めっきり歩けなくなりましたが電動車椅子でお散歩しています。
冬場は基本、冬眠します(^o^)丿

お立ち寄りの際はお気軽にコメントくださいね ♡

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック


電磁波ってどうなのー ≪         HOME         ≫ 暑中お見舞い申し上ます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。